薬剤師の活躍の場

6年制の薬剤師養成課程のある大学を卒業するか、4年制の薬学課程のある大学を卒業後、薬剤師の受験資格が獲得できる大学院へと進み、必要な科目の理由と実務経験をこなすことで、薬剤師国家試験にチャレンジする資格が得られます。
この試験を見事突破し、免許を取得(名簿に登録)することにより、晴れて薬剤師として仕事に就けるようになるのです。


薬剤師が活躍できる場所は昔に比べると増えており、就職先によって勤務内容や待遇が異なります。
どういう仕事を日々こなしていくことになるのか、労働条件は希望に合っているかを確かめ、自分の能力を活かしたり高めたりできるところで仕事をしたいところです。


また、就職先を探す方法ですが、いまは求人サイトを利用するのが主流になっています。
薬剤師の求人情報に特化しているようなウェブサイトもありますので、これから仕事探しをする人はチェックしてみてはいかがでしょうか。
なお、利用するために登録が必要な場合はあっても、費用がかかるウェブサイトはまずありません。


それから、具体的にどういうところが就職先の候補になるのか気になる人もいるでしょうが、調剤薬局、病院、ドラッグストアのほか、薬剤師の資格を活かして製薬会社で仕事をするような選択肢もあります。
当サイトでは、これらの就職先のうち、薬剤師の肩書きが必須となる調剤薬局、病院、ドラッグストアで勤務した場合のメリットやデメリットについて紹介しますので、気になる人は一読してみてください。


▽管理人特選サイト
薬剤師の求人情報に特化しているウェブサイトです・・・薬剤師 求人情報

Copyright © 2014 薬剤師の就職先 All Rights Reserved.